政府、インドの核燃料再処理容認 原発輸出の協定交渉で

日本からインドへの原発輸出を可能とする目的で進めている原子力協定交渉で政府は、日本製原発の使用済み核燃料の再処理を認める方針を決め、インド側に伝えたことが18日、分かった。日本が原発輸出国の立場で相手国の再処理を容認するのは初めて。複数の交渉筋が明らかにした。
インドは核拡散防止条約(NPT)に加盟しておらず、再処理で生成したプルトニウムを使用して1974年に初の核実験を実施した核保有国。日本政府内には、インドの再処理容認に慎重論があったが、共に原発売り込みを狙う米国が容認しており、米国に追随して日本も従来の姿勢から大きく踏み出すことになった。(共同)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015061801001588.html

日本の原発の使用済み核燃料を使ってインドが核兵器を作ることも可能になってしまったということですね
>_<

Leave a comment